WordPressの設置からテーマや管理画面の編集までまとめました。

2013/08/01

目次

  1. インストール・設定
  2. オリジナルテーマの作成

インストール・設定手順

WordPressより、「wordpress-3.5.2-ja.zip」をダウンロードします。

ファイルを展開し、中身をルートディレクトリへアップします。

MySQLでデーターベースとユーザーを作成します。

「wp-config-sample.php」のファイルをコピーして「wp-config.php」の名前に変更します。

wp-config.phpの以下を変更します。

DB_NAME
DB_USER
DB_PASSWORD
DB_HOST
認証用ユニークキー

設定例


// ** MySQL 設定 - こちらの情報はホスティング先から入手してください。 ** //
/** WordPress のためのデータベース名 */
define('DB_NAME', 'pbtimes_db');

/** MySQL データベースのユーザー名 */
define('DB_USER', 'pbtimes_wp');

/** MySQL データベースのパスワード */
define('DB_PASSWORD', 'pass');

/** MySQL のホスト名 */
define('DB_HOST', 'localhost');

/** データベースのテーブルを作成する際のデータベースのキャラクターセット */
define('DB_CHARSET', 'utf8');

/** データベースの照合順序 (ほとんどの場合変更する必要はありません) */
define('DB_COLLATE', '');

/**#@+
 * 認証用ユニークキー
 *
 * それぞれを異なるユニーク (一意) な文字列に変更してください。
 * {@link https://api.wordpress.org/secret-key/1.1/salt/ WordPress.org の秘密鍵サービス} で自動生成することもできます。
 * 後でいつでも変更して、既存のすべての cookie を無効にできます。これにより、すべてのユーザーを強制的に再ログインさせることになります。
 *
 * @since 2.6.0
 */
define('AUTH_KEY',         ')p>Tprd2`Ad%`Op5izwuI[Ew^E M21*aWA@89)@ZbI@dQkddQ$JaY#QM-%1u.{Ud');
define('SECURE_AUTH_KEY',  'EX8CgpwKoAu6a4}ws,Y|]v%|[v:Gel1kbLr!BGVYm6<kQN^UD:7c ^G#LYcx+i/]');
define('LOGGED_IN_KEY',    '|+^PV lCrS1X|Ld(!Y++dH@9iGH:ya/ze<o3s2!mb2;0@^*xA*$uUn9&4*4:q@[+');
define('NONCE_KEY',        '. hGE w.o5j`xZY/,9g3xsOfp*vf-zrdhep2>|LXfO47,|06RSSu$JgCxJZb.kHu');
define('AUTH_SALT',        ')UfM%1+FyC}`RZY#>&Te~UmUk3#@+!c,ehnLAC=N|Ju-!,FHXE>e25C+lkps6<bQ');
define('SECURE_AUTH_SALT', 'i1BtaoONqfgr.R>:)qrMuV>.J?x07cwf:P(h0P?E^q=~M_nw,tFuEvm4uM% 2n.4');
define('LOGGED_IN_SALT',   'Oc;^t8~),8Lit[-.%g`gg~V2R<OZHfw1I>j2[.01QdJ;#Ho*5-wO#B7Jn)R(|z09');
define('NONCE_SALT',       'cGC+R]cwOv)L-QwnMT2n_RltR0=AG-pN+eHEaG8RP:)ggU_<nHY%UMvV#%izi{*.');

次に、http://[自分のドメイン名]/ に接続します。
画面が表示されるので、画面にしたがってタイトル・ユーザー名・パスワード・メールアドレスなどを設定します。

以上でインストール・設置が完了です。
ここまで約5分!簡単に設定ができるんです。

オリジナルテーマの作成

HTMLの作成

まず初めにコーディングを行い、HTMLファイルを作成します。
作成するファイルは、以下の3つ+CSSファイルとなります。

index.html
single.html
page.html

Wordpressの機能を付加

作成したHTMLにWordpressの機能を付加していきます。
トップページでは、index.php、header.php、sidebar.php、footer.phpが使用されます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Related

FullCalendarでGoogleカレンダーのようなUIを実装

jQueryプラグインFullCalendarのサンプル 概要 FullCalendarを使用して、GoogleカレンダーのようなUIを実装する使用例を...

PHP Laravel5.2でmulti-auth(複数テーブルでの認証)を実装

Laravel5.2でマルチ認証 概要 LaravelとはPHPの中で今最も伸びているフレームワークです。 処理速度が遅いなどありますが、かなり使い安く拡...

PHP 正規表現でIPアドレス形式の文字列か判定

正規表現でIPアドレスの入力チェック 概要 フォームで入力されたIPアドレスが正当な文字列か判定するためのバリデーション処理を実装します。 基本的...

rbenv環境でRuby on Railsのアプリケーションを一瞬で自動生成

アプリケーション構築時に最初に行う手順 概要 アプリケーションを作成するまでの手順を記載しています。 rbenvなどの環境が設定済と仮定して話を進めま...

Rails devise・authority・rolifyで権限付きの認証機能

devise・authority・rolify 概要 3つのGemを使用して、権限付き認証機能を実装します。 gem インストール Gemfile ...

Rails devise で複数モデルの認証機能を実装

Rails devise で複数モデルを管理 概要 rails のログイン認証 Gem「devise」のインストール・設定方法を紹介します。 よく「d...
トップへ戻る