PHPを始める人の超初級入門

2013/07/22

PHPを始めたい人のための超初級入門

概要

PHPについて勉強したいといういう方向けの記事となります。
最近PHPを教えてと言ってくる人が多いので記事にしてみました。
言語っていうのは、HTMLやCSSと違ってとっかかりにくいですよね。。。

今回は、HTMLが分かるということを前提にPHPについて基本的な導入部分を紹介します。
初めから、フレームワークを使ってオブジェクト指向を覚えて。。。などというのは難しいです。
そのため、HTMLにPHPスクリプトを書くという方法で説明していきます。

PHPの書き方

PHPをどこにどうやって書けばいいのか?
PHPはHTMLに直接記述することができます。

<PHP? ~ ?> 内にPHPプログラムを記述することでPHPが実行されます。
また、これらの指定は複数記述することが可能です。


<html>
<body>
<?php
    echo "test";
?>
</body>
</html

上記では、testをいう文字列を表示しています。
PHPでは処理の最後に、「;」を記述する必要があります。
こんな簡単に、PHPを好きな個所に記述できるのです。

変数

プログラミングの入門で一番最初に覚えるのがこの変数です。
変数とは、データを入れる箱のようなイメージです。

PHPでは、$[半角英数字記号]という決まりで変数を定義します。
例えば、名前・年齢の変数を作る場合は以下のようにします。


$name = '時男';
$old = 26;

$name に '時男'という文字列を格納し、$old に 26という数値を格納しました。
これらを表示するには、以下のようにします。


echo $name . '<br />';
echo $old . '<br />';

表示例:

時男
26

こんな感じで、変数を作って、値を格納し、その後の処理で変数を使用していきます。

変数の加算減算

文字列・数値の和、差を求めます。


$price1 = 1000;
$price2 = 500;

$sum = $price1 + $price2;
$minus = $price1 - $price2;

echo '和 : ' . $sum . '<br />';
echo '差 : ' . $minus . '<br />';

表示例

和 : 1500
差 : 500

このようにして値の和・差などを求めることができます。
文字列でも同様なので試してみてください。

IF文(判定)

IF文とは、様々なものを比較して判定するための関数です。
さっそくサンプルを見てみましょう。


$name = '時男';
$old = 26;
if($old == 26) {
	echo $name . 'は26歳である';
}else{
	echo $name . 'は26歳でない';
}

これを実行すると、「時男は26歳である」と表示されます。
[==]は、等しいという意味です。[!=]は等しくないという意味になります。
[<][>]などをよく使用します。

() 内に一致すると{~}内が実行され、一致しない場合は、else{~}内が実行されます。

FOR文(繰り返し)

FOR文とは、繰り返し処理を行うための関数です。
サンプルでは、1~10の数字を表示しています。


for($i=1;$i<=10;$i++) {
	echo $i . '<br />';
}

() 内は、$iが1から始まり、1づつ加算して10になるまで{}内を処理するという意味になります。
{ } 内の$iは、1づつ加算されるため、1~10までの数字が表示されます。

フォームでの画面遷移

次に、フォームに値を入力して、次の画面で入力した内容を表示する処理を記述します。
そのため、入力画面と確認画面の2つの画面を作成することになります。

Form での値の送信には、GETとPOSTの2パターンあります。
今回は、POSTを用いた方法で行います。

入力画面


<form actions="confirm.php" method="post" name="form1">
お名前<br />
<input name="user_name" type="text" value="" /><br />
年齢<br />
<input name="user_old" type="text" value="" />
</form>

確認画面(confirm.php)


<?php
$name=$_POST['user_name'];
$old=$_POST['user_old'];

echo 'お名前 : ' . $name . '<br />';
echo '年齢 : ' . $old . '<br />';
?>

post送信したフォームのデータは、$_POST[[formで指定したname]]のようにして取得します。
get送信の場合は、$_GET[[formで指定したname]]となります。

まとめ

今回は超初級入門ということで、基本的なところを紹介致しました。
これらはどれも重要なところなので、しっかりと理解しましょう。

言語を覚えるのに重要なことは、基本的なことをしっかりと理解すること、途中であきらめず粘り強く学習すること、実際にプログラムを作ってみることです。
言語を学習する中で、様々な壁にぶつかるかもしれませんが、あきらめずに頑張ってみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Related

PHPで動画の撮影日を取得

PHPで動画の撮影日を取得 概要 PHPからffprobeコマンドを実行し、動画の撮影日時を取得します。 コード $posted_at = ...

FullCalendarでGoogleカレンダーのようなUIを実装

jQueryプラグインFullCalendarのサンプル 概要 FullCalendarを使用して、GoogleカレンダーのようなUIを実装する使用例を...

PHP Laravel5.2でmulti-auth(複数テーブルでの認証)を実装

Laravel5.2でマルチ認証 概要 LaravelとはPHPの中で今最も伸びているフレームワークです。 処理速度が遅いなどありますが、かなり使い安く拡...

PHP 正規表現でIPアドレス形式の文字列か判定

正規表現でIPアドレスの入力チェック 概要 フォームで入力されたIPアドレスが正当な文字列か判定するためのバリデーション処理を実装します。 基本的...

rbenv環境でRuby on Railsのアプリケーションを一瞬で自動生成

アプリケーション構築時に最初に行う手順 概要 アプリケーションを作成するまでの手順を記載しています。 rbenvなどの環境が設定済と仮定して話を進めま...

Rails devise・authority・rolifyで権限付きの認証機能

devise・authority・rolify 概要 3つのGemを使用して、権限付き認証機能を実装します。 gem インストール Gemfile ...
トップへ戻る