精神的ストレスを運動することで発散できるんです!

2013/07/13

運動のストレス解消効果など

ストレス解消に効果的のは「睡眠」と「運動」です。
元気な毎日を過ごすには、なくてはなりませんよね。
運動は、健康面だけじゃなく精神面にもとても良い影響を与えるみたいです!
最初はその運動の効果について書いていきます。

運動の気晴らし効果について

運動は、脳だけじゃなくて、気持ちや感情にも直接的に影響してきます。その一つが「気晴らし効果」なんです。

例えば、スポーツ選手は激しいトレーニングを続けながら、落ち込んだ気持ちを引きずることはありえないと言われています。
ある目標に向かってトレーニングをすることに集中し、落ち込んだ気持ちや不安などを捨て去っているからですね。
こうしたものが運動の「気晴らし効果」と言えるでしょう。

何かしらの運動に取り組んで、その時間はその運動に集中することによりいやな考えや気持ちを忘れることができるのです。

運動の自信回復効果について

運動には「自信回復効果」もあります。運動をすることによって、満足感や達成感などが得られるためです。
「前よりも速く走れるようになった」とか「体が軽くなった」など変化を感じるようになれば、満足感や達成感なども強くなってくると思います。
そうなってくると自分にも自信が持てるようになりますので、自然と気持も明るくなって、自信回復です!

運動の様々な効果

ダラダラと長くなりそうなので、少しまとめてみました!w

運動によって体が温まることによる気持ちが向上します。
体が温まることで筋肉の緊張がとけたり、リラックス時に働く副交感神経が働いたりするためだと考えられているようです。入浴時も似ている効果なんです。
体が温まると気分が良くなり、ストレスが軽くなることがあるようですね!

この他に運動は、脳と体の疲労のアンバランスを解消してくれて、睡眠障害などを改善する効果も期待できるようです。

ここまで書いてきたように運動はいいこといっぱいで、ストレスを解消するのにも非常に適していることが分かりましたね。
「最近ストレス溜まってんなぁ〜」と感じてるあなた!!運動不足ではありませんか?

運動の頻度、運動時間は?

運動を効果的にやっていくには運動の頻度、運動時間を頭に入れて取り組むことが大切ですよ。
なかなか続かないって人は、怠けすぎず、頑張りすぎないことが続けるコツと聞いたことがあります。

頻度はどれくらい?

運動の頻度は週3回を目安にしましょう。

数々の研究で、週3回の運動がストレスを解消することが分かっているそうですよ。
週3回よりも少ないと効果は上がりにくくなり、反対に運動する回数が多すぎても体や心の負担となり逆効果ですが、、、
人それぞれの体力や気持ちによりますので、ウォーキングや軽い運動などでみなさんが苦にならないのであれば、週に5~6回行っても良いと思います。

まずは週3回から始めては?自分の体と相談し、楽しく運動しましょう。

時間はどれくらい?

時間は15~30分でOKです。
先ほどの頻度と同様に、運動の激しさや時間についてもストレスにならない程度にすることが大切です。

1回の時間を運動しながら会話ができる程度の軽い運動で、15~30分を心がけなしょう。
これくらいの時間で十分ですが、合わせてダイエット効果を期待したい方は20分を目安に考えた方が良いですよ!!
なぜなら脂肪燃焼は約20分に開始するからです。20~30分で十分な時間です。

運動する時に心がけること!

運動の効果を最大に引き出すために、いくつかの心がけが必要となります。

運動仲間をつくろう

まずは、気持ちが乗らないストレスがたまっているという時こそ運動を心がけるということが必要です。
イライラしていたり、ストレスが溜まっている時などは、運動をする気も起こらないことがありますね。
そんな時に必要なのが一緒に運動する仲間です。

家族や友人でもいいですし、ジムでプログラムなどに参加して大勢の人と一緒に運動をするのもいいでしょう。
仲間がいれば、気分が乗らない時にも自分を奮い立たせることがでるし、仲間の誘いが大きな助けになるのです。

あせらず、気長に

気長に続けることも大切です。運動は続ければ続けるほど効果は高くなり、その効果が持続するのです。

1回の運動を長くやったからといって効果がでるものではありませんので、日常生活の中に運動を取り入れて、あせらず、気長に続けることが大切です。
そのためにも自分の好きな運動を選び、負担にならず続けやすい方法を見つけましょう。

運動中はポジティブ思考で

運動している時はなるべくポジティブなことを考えることが大事ですよ。

「前よりも楽に走れるようになった!」「今日は特に空気が澄んで気持ちいい!」「今、筋肉を鍛えてるんだな!」とか現在の自分の気持ちならなんでもいいですよ。

前向きな考えが運動の効果を高めます。

まとめてみた!?

今回の話はズバリ!ストレス解消に効果的な運動です。ストレスフリー生活が送れるなら試す価値もあるかもしれません。

定期的にジムに通っての運動、ジムに行かずとも自宅での運動、または屋外でのジョギングなどなど、
運動が日々の習慣になり逆に運動をしなかったら気持ち悪いと感じる人も多くいると思います。
運動した後は疲れていたはずなのになぜか体も気持ちもスッキリしている経験がある方も多くいると思います。

知っての通り「運動」がもたらす良い影響は身体だけじゃなく精神面にも強く働くことが分かりましたね。

補足リサーチ情報

このリサーチ情報は屋外で運動をする人々と屋内で運動する人々を比べてみたんです。

屋外(特に公園や森など緑が多い場所)で運動した人々が仕事で感じているストレスをより発散でき、また心身ともにより爽快感を強く得ている事が分かりました。
運動の内容はウォーキングやサイクリングなど運動初心者でも気軽に楽しめるものです。

なかなか緑多くある場所での運動は地域や季節などで限られてくるが、少しの時間でも効果があるようです。
よりストレスフリーな生活を送れるように出来る範囲で運動を毎日の生活に取り込んでいけたら、心も体も生活習慣なども変わって、いい毎日を過ごせるかもしれません!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Related

グラトリ、キッカー技名一覧

グラトリ、キッカー技名一覧 グラトリ オーリー ノーズをあげ、テールの反発を使ってジャンプ ノーリー テールをあげ、ノーズの反発を使ってジャンプ ...

女遊びで営業力を身につける

楽しく営業能力を身につける方法 概要 この記事では、楽しく遊びながら営業能力を身につける方法を紹介します。 その方法は、女遊びをすることなんです! (女...

お酒は太らないって本当?

アルコールは太らない ビール腹 「ビール腹」という言葉があるようにお酒を飲むと太ると言われています。 アルコールはカロリーがとても高い飲み物です。 なん...

世の中は偽善者で溢れかえっている

ほとんどの人が偽善者 いきなりですが皆さんに質問をします。 全く知らない同格の人が4人いたとします。 このうち1人を助ければ3人は死にます。 3人を...

現代では存在しない技術の理論を考える記事

面白理論 概要 あくまでも理論を考えるだけなので、現実にできるかどうかは別です。 深く追求するといろいろ出てきますので、とりあえず面白い理論を載せているだ...

ペットボトルの活用方法

ペットボトルがあればなんでもできる 概要 なんでもできるというのは言い過ぎですが、ペットボトルでいろんなことが出来るんです。 今までは邪魔なゴミとして扱わ...
トップへ戻る