GoogleMapAPIで任意の地点間の距離を測る - JavaScriptサンプル

任意の地点間の距離を測る

内容

GoogleMapAPIを使用して、任意の地点間の距離を測るプログラムのサンプルを掲載します。
スタート地点から、複数の地点を経由して最終地点までのルートと距離を表示するという内容です。
仕様は以下の通りです。

予めスタート地点にマーカーを表示
地図内をクリックすると、そこまでのルートと距離を表示
クリックできる地点は最大8つ

完成イメージ
マップ

GoogleMapAPI

ここでAPIについても説明しておきます。
知っている方は飛ばしてもらって結構です。

GoogleMapには様々なJavaScript APIが用意されています。
サイトに地図を表示したり、地図上に自身の情報を表示することができます。

よく会社や店のサイトにGoogleMapで所在地が表示されていると思いますが、これらを実現するためのAPIです。
いろいろな機能があるので調べてみると良いと思います。

サンプルコード

「jquery-1.6.2.min.js」と「marker.png」を同ディレクトリ内に置いてください。
marker.pngはマーカー用画像なので、作成するか拾ってくる必要があります。


<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN">
<html>
<head>
<title>Google Maps V3</title>
<meta http-equiv="content-type" content="text/html; charset=utf-8" />
<script type="text/javascript" src="http://maps.google.com/maps/api/js?sensor=false"></script>
<script type="text/javascript" src="jquery-1.6.2.min.js"></script>
<script type="text/javascript">
//<![CDATA[
var mapObj;
var originMarker;
var directionsService = new google.maps.DirectionsService();
var directionsRenderer = new google.maps.DirectionsRenderer();
var waypointsMarker = new Array();
var wayCount = 0;

google.maps.event.addDomListener(window, 'load', function()
{
	//スタート地点の座標
	var latlng = new google.maps.LatLng(41.818163,140.741035);

	var mapOptions = {
		zoom: 14,
		center: latlng,
		mapTypeId: google.maps.MapTypeId.ROADMAP,
		mapTypeControl: false,
		streetViewControl: false,
		panControl: true
	};
	mapObj = new google.maps.Map(document.getElementById('maparea'), mapOptions);

	directionsRenderer.setOptions({suppressMarkers : true});
	directionsRenderer.setMap(mapObj);

	google.maps.event.addListener(mapObj, "click", clickMap);

	// スタート地点のマーカー
	originMarker = new google.maps.Marker({
		icon: 'marker.png',
		position: latlng,
		map: mapObj,
		draggable: false
	});
});

//マップクリック時のイベント
function clickMap(event)
{
	//中間地点登録(最大8つ)
	if(wayCount >= 8) {
		alert("You can't create marker more than 8.");
		return;
	}

	var latLngStr = new google.maps.LatLng(event.latLng.lat(), event.latLng.lng());

	new google.maps.Marker({
		icon: 'marker.png',
		position: latLngStr,
		map: mapObj,
		draggable: false
	});

	waypointsMarker[wayCount] = {location: latLngStr, stopover:false};
	wayCount ++;

	//ルート表示
	var request = {
		origin: originMarker.getPosition(),
		destination: latLngStr,
		travelMode: google.maps.DirectionsTravelMode.WALKING,
		waypoints: waypointsMarker
	};
	directionsService.route(request, function(result, status)
	{
		if (status == google.maps.DirectionsStatus.OK)
		{
			directionsRenderer.setDirections(result);
			setDistance(result);
		}
	});
}

//移動距離表示
function setDistance(route)
{
	var distance = getDistanceValue(route.routes[0].legs);

	if (distance > 100){
		distance = distance.toFixed(0);
	}else if (distance > 10){
		distance = distance.toFixed(1);
	}

	$("#distance").text(distance);
}

//距離取得
function getDistanceValue(legs)
{
	var journey = 0;

	for (var i in legs){
		journey += legs[i].distance.value;
	}

	return journey / 1000;
}
//]]>
</script>
</head>
<body>
	<div id="maparea" style="width: 500px; height: 500px; border: 1px solid Gray;"></div>
	<span id="distance" style="font-size:36px;padding-right:5px;"></span> km
</body>
</html>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Related

PHPで動画の撮影日を取得

PHPで動画の撮影日を取得 概要 PHPからffprobeコマンドを実行し、動画の撮影日時を取得します。 コード $posted_at = ...

FullCalendarでGoogleカレンダーのようなUIを実装

jQueryプラグインFullCalendarのサンプル 概要 FullCalendarを使用して、GoogleカレンダーのようなUIを実装する使用例を...

PHP Laravel5.2でmulti-auth(複数テーブルでの認証)を実装

Laravel5.2でマルチ認証 概要 LaravelとはPHPの中で今最も伸びているフレームワークです。 処理速度が遅いなどありますが、かなり使い安く拡...

PHP 正規表現でIPアドレス形式の文字列か判定

正規表現でIPアドレスの入力チェック 概要 フォームで入力されたIPアドレスが正当な文字列か判定するためのバリデーション処理を実装します。 基本的...

rbenv環境でRuby on Railsのアプリケーションを一瞬で自動生成

アプリケーション構築時に最初に行う手順 概要 アプリケーションを作成するまでの手順を記載しています。 rbenvなどの環境が設定済と仮定して話を進めま...

Rails devise・authority・rolifyで権限付きの認証機能

devise・authority・rolify 概要 3つのGemを使用して、権限付き認証機能を実装します。 gem インストール Gemfile ...
トップへ戻る