お酒は太らないって本当?

2013/10/10

アルコールは太らない

ビール腹

「ビール腹」という言葉があるようにお酒を飲むと太ると言われています。
アルコールはカロリーがとても高い飲み物です。
なんと1gあたり7kcalもあるのです。

(ということはやはりお酒を飲むと太るということでしょうか。。。)
いや、お酒で太ることはなかなか無いのです!
過剰摂取しても太らないとは言い切れませんが、太りやすい飲み物では決してありません。
その根拠についてゆっくりと話していきます。

種類別カロリー表

まずは種類ごとに100mlあたりのカロリーを見てみます。

種類カロリー
ビール40kcal
発泡酒45kcal
ワイン73kcal
清酒103kcal
焼酎(乙類)146kcal
梅酒156kcal
焼酎(甲類)206kcal
ウイスキー237kcal
ブランデー237kcal
ウォッカ240kcal
ジン284kcal

ウォッカやジンのカロリーが高いのは意外ではないですか?
これは当たり前なのです。なぜならアルコールが高いからです。

しかし、ジンなどはビールのようにゴクゴク飲むことがないので摂取量も少なくなります。
そのため、カロリーの量で判断すると、必ずしもジンよりビールを飲んだ方がカロリー摂取量が少ないとは限らないのです。

(でもお酒に含まれるカロリーって凄い量ですよね。
飯1杯よりジン100mlの方がカロリーが高いなんて。
やっぱりお酒は太るんじゃないか。。。)

いえ、そんなことないのです。
確かにカロリーは高いですが、そもそもカロリーの質が違うのです。

エンプティカロリー

アルコールに含まれるカロリーは、エンプティカロリーと言われています。
普通のものとは性質少し違うのです。

このエンプティカロリーは、脂質や糖質よりも最優先で熱として放出されます。
お酒を飲むと身体が熱くなりますが、それは熱が放出されているからなのです。
すぐに放出されるため、このカロリーが脂肪となったり体に残ることはほとんどないのです。

太る原因は?

お酒はアルコールだけはない

お酒によっては、糖分などの別成分が含まれています。
これらを同時に接種することでそれらが脂肪に変わるかもしれません。

そのため酒によっては太るものもありますが、微々たる量しか含まれていません。
つまり、太ると言ってもたかが知れているのです。

特に焼酎・ジン・ウイスキーといった蒸留酒はほとんど太ることはないのです。
ですので、やはりお酒だけを飲んで太ることはほぼありません。

危険なのはおつまみ

では何が原因で酒飲みの人達は太っているのでしょうか?
それは、おつまみなのです。

飲みに行くと大概おつまみが出てくると思います。
また、ビールなどは味の濃いものとよく合います。
私もお酒を飲むとラーメンを食べたくなることが多いです。

これらのお酒と一緒に接種する食べ物が危険なのです。

先ほどお酒のカロリーは最優先で消費されると話したのを思い出してください。
同時に別の食べ物のカロリーを摂取すると、お酒のカロリーが先に放出されるため、食べた物のカロリーは体内に留まります。
そしてそれが脂肪へと変わり、太ってしまうのです。

まとめ

お酒だけを飲んでも太りません。
「お酒+食べ物」で太りやすくなるのです。

つまり、お酒は別の食べ物を太りやすくしてしまうのです。

体型などを気にしている方は、飲みの際には食べ物を控えるか低カロリーな物のみ食べるよう気を付けてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Related

グラトリ、キッカー技名一覧

グラトリ、キッカー技名一覧 グラトリ オーリー ノーズをあげ、テールの反発を使ってジャンプ ノーリー テールをあげ、ノーズの反発を使ってジャンプ ...

女遊びで営業力を身につける

楽しく営業能力を身につける方法 概要 この記事では、楽しく遊びながら営業能力を身につける方法を紹介します。 その方法は、女遊びをすることなんです! (女...

世の中は偽善者で溢れかえっている

ほとんどの人が偽善者 いきなりですが皆さんに質問をします。 全く知らない同格の人が4人いたとします。 このうち1人を助ければ3人は死にます。 3人を...

現代では存在しない技術の理論を考える記事

面白理論 概要 あくまでも理論を考えるだけなので、現実にできるかどうかは別です。 深く追求するといろいろ出てきますので、とりあえず面白い理論を載せているだ...

ペットボトルの活用方法

ペットボトルがあればなんでもできる 概要 なんでもできるというのは言い過ぎですが、ペットボトルでいろんなことが出来るんです。 今までは邪魔なゴミとして扱わ...

名前だけで住所などの個人情報がバレる?

SNSサイトなどは正しく使いましょう 概要 1980年代以降、システム・Webアプリ・情報通信技術は急速に発展しました。 現在では様々なSNSサイトもあり...
トップへ戻る