現在は本当に異常気象なのだろうか?

2013/08/23

異常気象ではない

最近は地球温暖化、集中豪雨、地震多発などなど、皆が口を揃えて異常気象だと言っています。
確かに我々の今までの経験では起こらなかったことが起こるという意味では異常なのかもしれません。

しかし、こんなの実は全然普通のことなのです。
よくニュースで、観測史上最大という言葉をききますが、そもそも観測したデータが少なすぎるのです。

気象データの観測は、1872(明治 5)年から行われました。
今まで約140年分のデータがあることになります。

地球ができたのは約46億年前です。
つまり46億分の140となるので、約3300万分の1のデータから判定して異常だと言っているのです。
(地球の状態や、生物の生態などによる影響は面倒くさいので省いています。笑)

3300万分の1って、自分の家の周りを見て地球全体を判断しているようなものですよw
我々が異常気象とよんでいるものは、全然普通なことであり、ただ知らないだけなのです。

ということは、明日気温がいきなり上昇したり今までにない規模の地震が発生することも十分考えられるのです。

観測データのランキング

地震(マグニチュード)

順位日付名前M
11960年5月23日チリ地震M9.5
22004年12月26日スマトラ島沖地震M9.3
31964年3月28日アラスカ湾地震M9.2
41952年11月5日カムチャッカ地震M9.0
42011年3月11日東北地方太平洋沖地震M9.0
62010年2月27日マウリ沖地震M8.8
61906年2月1日エクアドル沖地震M8.8
81965年2月4日アリューシャン列島地震M8.7
92005年3月29日スマトラ島沖地震M8.6
91950年8月16日アリューシャン列島M8.6
91957年3月10日アッサム地震M8.6

1時間あたりの降水量(日本)

順位観測所名都道府県降水量日時
1香取千葉県153.01999年10月27日20時
1長浦岳長崎県153.01982年07月23日19時
3多良間沖縄県152.01988年04月28日16時
4前原福岡県147.01991年09月14日07時
5岡崎愛知県146.52008年08月29日02時
6古仁屋鹿児島県139.52011年11月02日09時
7与那覇岳沖縄県139.01980年09月24日20時
8須佐山口県137.52013年07月28日12時
9室戸岬高知県135.02006年11月26日17時
10仲筋沖縄県132.52010年11月19日07時
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Related
自分専用のロボット

将来は皆が自分専用のロボットを持つようになる?

一人一台以上のロボット 概要 何十年先には、我々は皆が自分専用のロボットを持っているのではないか、という想像をまとめた記事です。 SF映画では、人間と...

約5300年前の人、アイスマンの真実!

アイスマンとは 約5300年前に死亡したと見られるエッツィの遺体は、1991年にイタリアとオーストリアの国境付近、標高3210m地点の山中で発見されま...

ロボットが人工知能をもつと人間と対立するのか?

ロボットについて 概要 ロボットをイメージすると、二本足で歩き、言葉を話し、人間より強くて空も飛べる。。。 こんなイメージがあるかもしれないが、それはまだ...

なぜ人は霊を作ったのだろうか

霊は存在するのだろうか。 過半数が信じている 信じている人といない人では、圧倒的に信じている人が多いようです。 科学的にも証明されていないこの存在をなぜ人...

何歳まで神の声を信じるのか調査した。

人は何歳まで神の声を信じるのか? 概要 人は何歳まで神の声を信じるのか調査してみた。 調査の内容はこうだ。 トランシーバーを2つ用意し、1つを物陰に隠す...

人は死ぬとどうなるのか?生と死について考える

人間の最大の試練「死」について考えてみました。 概要 人間の行きつく先は、死です。 しかし現代のほとんどの人間が死についてあまり意識していないようです。 ...
トップへ戻る