Twitter OAuthで Failed to validate oauth signature and token

2013/08/02

Twitter認証エラー

ある日いきなり、TwitterAPIを使用したログインができなくなりました。
今までは出来ていたのにいきなりです。

「https://api.twitter.com/oauth/request_token」の戻り値を調べたところ、
「Failed to validate oauth signature and token」というメッセージが表示されていました。

焦ってネットで調査したところ、以下のような原因が多いようです。

時刻のずれ

サーバーの時間がずれていると、このエラーが発生することがあるようです。
正しい時刻に直してみましょう。

また、こちらのサイトでは、UTCに設定する必要があるとも書いております。
(time()で時刻を取得するので関係ないかもしれませんが。。。)

引数の並び順

OAuth認証のパラメータの並び順が間違っていると、このエラーが発生することがあります。
以下の並び順で設定しなおしましょう。

  1. oauth_callback
  2. oauth_consumer_key
  3. oauth_nonce
  4. oauth_signature_method
  5. oauth_timestamp
  6. oauth_version

アカウントまたはAppの問題

私はこれが原因でした。
アカウントが削除されており、APIが使用できなくなっていました。。。笑
また、Twitter applicationsの設定で、Callback URL が設定されていないと、このエラーが発生することがあります。

Callback URLを正しく設定すると、正常に動作するようになるのではないでしょうか。
それでも治らない場合は、Applicationを作り直して、Consumer keyとConsumer secretを再度取得してみるのも良いかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Related

PHP Laravel5.2でmulti-auth(複数テーブルでの認証)を実装

Laravel5.2でマルチ認証 概要 LaravelとはPHPの中で今最も伸びているフレームワークです。 処理速度が遅いなどありますが、かなり使い安く拡...

PHP 正規表現でIPアドレス形式の文字列か判定

正規表現でIPアドレスの入力チェック 概要 フォームで入力されたIPアドレスが正当な文字列か判定するためのバリデーション処理を実装します。 基本的...

rbenv環境でRuby on Railsのアプリケーションを一瞬で自動生成

アプリケーション構築時に最初に行う手順 概要 アプリケーションを作成するまでの手順を記載しています。 rbenvなどの環境が設定済と仮定して話を進めま...

Rails devise・authority・rolifyで権限付きの認証機能

devise・authority・rolify 概要 3つのGemを使用して、権限付き認証機能を実装します。 gem インストール Gemfile ...

Rails devise で複数モデルの認証機能を実装

Rails devise で複数モデルを管理 概要 rails のログイン認証 Gem「devise」のインストール・設定方法を紹介します。 よく「d...

jQuery UI ドラッグ&ドロップで並び替え sortableの使用方法

sortable 概要 jQuery UIを使用して、ドラッグ&ドロップで並び替えを行います。 sortableを使用することで、一瞬で実装できちゃいます...
トップへ戻る