PHPから簡単にExcelを読込む方法の紹介

2013/07/31

Excelを読込んでみよう

概要

PHPExcelの設定・使用方法を紹介します。
このライブラリをしようすることで、とても簡単にPHPでExcelを読込むことができます。

いろいろ機能はありますが、今回は読込むという一番大事な部分を掲載します。

設置例

住所を読込む

まずは、PHPExcelよりライブラリをダウンロードします。
そしてPHPファイルと同じ階層に「lib」という名前でディレクトリを作成し、その中に置きます。

今回読込むファイルは、address.xlsというファイルにします。
このファイルをPHPプログラムと同じ階層に置きます。
以下のような中身になっています。

名前郵便番号住所
Aさん123-5678大阪府大阪市○○○
Bさん987-1234大阪府大阪市○○○

1行目にカラム名、2行目以降から各データとなります。
1列目は名前、2列目は郵便番号、3列目は住所という構成のファイルを読み込みます。

サンプルコード


require_once 'lib/PHPExcel.php';
require_once 'lib/PHPExcel/IOFactory.php';

$addressReader = PHPExcel_IOFactory::createReader('Excel5');
$addressPHPExcel = $addressReader->load('address.xls');
$addressPHPExcel->setActiveSheetIndex(0);
$addressWorksheet = $addressPHPExcel->getActiveSheet();

$address = array();

for ($i = 1; $i <= $addressWorksheet->getHighestRow(); $i++) {
	$data = array(
		'name'    => $addressWorksheet->getCellByColumnAndRow(0, $i)->getValue(),
		'zip'     => $addressWorksheet->getCellByColumnAndRow(1, $i)->getValue(),
		'address' => $addressWorksheet->getCellByColumnAndRow(2, $i)->getValue()
		);
	array_push($address, $data);
}

上記の処理で、$address にエクセルの住所データが読み込まれます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Related

FullCalendarでGoogleカレンダーのようなUIを実装

jQueryプラグインFullCalendarのサンプル 概要 FullCalendarを使用して、GoogleカレンダーのようなUIを実装する使用例を...

PHP Laravel5.2でmulti-auth(複数テーブルでの認証)を実装

Laravel5.2でマルチ認証 概要 LaravelとはPHPの中で今最も伸びているフレームワークです。 処理速度が遅いなどありますが、かなり使い安く拡...

PHP 正規表現でIPアドレス形式の文字列か判定

正規表現でIPアドレスの入力チェック 概要 フォームで入力されたIPアドレスが正当な文字列か判定するためのバリデーション処理を実装します。 基本的...

rbenv環境でRuby on Railsのアプリケーションを一瞬で自動生成

アプリケーション構築時に最初に行う手順 概要 アプリケーションを作成するまでの手順を記載しています。 rbenvなどの環境が設定済と仮定して話を進めま...

Rails devise・authority・rolifyで権限付きの認証機能

devise・authority・rolify 概要 3つのGemを使用して、権限付き認証機能を実装します。 gem インストール Gemfile ...

Rails devise で複数モデルの認証機能を実装

Rails devise で複数モデルを管理 概要 rails のログイン認証 Gem「devise」のインストール・設定方法を紹介します。 よく「d...
トップへ戻る